こんにちは、あずきです。

秋は一体どこへ行ってしまったのか?
と思うような、寒くて冷たい雨の日が続きましたが、
みなさま、体調など崩していませんか?

脱・毛染め真っ只中の方々は、
気分が落ち込んだりしてはいないでしょうか?


 今日はようやく時間ができたので、
一冊の本をご紹介させていただこうと思います。
これは私に「白髪、染めなくても、まいっか!」と思わせた、
いくつかあるきっかけの、一つとなった本です。

アン・モロウ・リンドバーグ著 『海からの贈り物』 

image

この本を書いたのは、大西洋横断飛行に初めて成功した、
アメリカのリンドバーグ大佐の奥様です。

彼女自身も、飛行家として空を飛び、各地で活躍し、書物を書き、
そして妻として母として忙しく生きる中、
いわゆるアラフィフ世代となった時、
たった一人で離島に滞在する機会を得て、
そこで女性の幸せについてじっくりと考え、癒されていく・・・

というような内容のものです。

この説明を聞くと、ふーん、、、。
て感じですよね?私もそうでした(笑) 

私が初めてこれを読んだのは30代半ばの頃で、
10歳年上の義理の姉が、
「この本、とっても良いよ」
と言って、読み終えたものをくれたのがきっかけでした。

何と言っても義理姉のススメですし、とりあえず読みました。
けれど当時の、まだ若輩者の私には、全くピンと来るものが無く、
内容についてあまり深く考えることもなく、
そのままこの美しい装丁の文庫本は、本棚の肥やしになっていたのです。

それから約10年経って、
ちょうどその当時の義理姉と同じ年頃になり、
私がこのブログを始めた46歳の時。
仕事も無く、引っ越したばかりの見知らぬ土地で、
知る人もなく、一人で過ごす時間が余るほどあった頃、
本棚の整理をしようとした時に、ふとこの本が目に止まり、
再びページを開いたのでした。

最初に読んだ時と、こうまで印象が違った本は、
他に無いと言っても良いかもしれません。
そこには、人生に大成功を収めた有名人である女性の、
けれど私たちと変わらない同じ悩み、つぶやき、喜びが、
浜辺に転がるささやかな貝殻に例えられ、書き記されていたのでした。

これ以上内容について、私が下手な文章で書き連ねるのは控えますが、
その中の、『きっかけ』の一節を、そのまま抜粋します。

「ーー私はそれを見上げて初めて蜘蛛の巣は美しいものだと思う。
 それは白髪が中年の女の顔に寄ったシワをぼかすのと同じ具合に、
 梁のごつごつした線を和らげる。
 私はもう白髪を抜こうともしなければ、蜘蛛の巣を払いもしないーー」

2016-11-07-17-19-25


衝撃的な一文でした。笑 

白髪。
それは歳を重ねた私たちにとって、
優しい、ベールのようなものなのでした。 

この一節を読んで、当時早めの更年期に悩まされていた私は、 
ふと力が抜けて、笑みまで浮かんだのを覚えています。

それから、この本を、じっくりと吟味して、
何度も何度も読みました。

そして歳を重ねるということへの不安は薄らぎ、
その代わりに、女として、
というより、一人の人間として、
深みのある生き方ができたら良いな、と思うようになりました。

まあ、不安は薄らいだと言っても、
実際に脱・毛染めのサナギの時期は、
苦悶の期間でありましたが・・・
今思えば懐かしく、学びの多い、痛みの期間でありました 笑

 今でも移動時間が長い時などは、
 この本をカバンに忍ばせ、
気ままなページを開いては、繰り返し読んでいます。

白髪のことは別としても、
同世代の女性には、ぜひオススメの一冊ですので、
秋の夜長に、読んでみてはいかがでしょうか?
image

次回は、私に白髪を染めなくても良いか〜と思わせたモノ、
パート2をご紹介しようと思います。
これは結構、笑えます。
 
できれば今月中に・・・期待しないで待っていてください!!

✨待っててくださる方、ブログランキングも応援よろしくお願いします✨

※ コメントへのお返事がいつも遅くなってゴメンナサイ!